関西ウォーカー自遊人 Trial

「あゝ、荒野」展  寺山修司/森山大道

60年代から現在まで、若者に絶大なる影響を与え続ける二人のアヴァンギャルドカリスマ=「寺山修司と森山大道」に対して、
時代と新宿が要求した39年ぶりの事件。
寺山修司の遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」と、森山大道の時代を鋭く記憶した写真とのコラボレーション。

寺山修司生誕70年記念 寺山修司/森山大道「あゝ、荒野」出版記念展へ行ってきました。
c0059485_1332618.jpg

60年代から撮影している貴重なオリジナルネガから自らプリントした211点を新たにちりばめ、
装い新たに生まれ変わった「あゝ、荒野」。
c0059485_13332213.jpg

「60年代」、「アングラ」、「新宿」というキーワードでの、再検証と憧れが高まる今、「60年代新宿荒野図」の世界へ…。
c0059485_13341461.jpg

12/1日初日、午後7時開演写真展と遅い時間帯でしたが、絶対的に若者が多く、今更ながら若者に絶大なる影響を与え続けている 森山氏がおられました。
 (点滴受けた後、ガンバッて行ってきました)^^



c0059485_1336715.jpg

68歳というけれど、若いー!! さすがです!! (トラが買った写真集にサインして頂いた)
c0059485_13365313.jpg


c0059485_13371052.jpg

時間待ちの間、近くの喫茶店でチャしてたら、大道氏が入ってきた~!
近くのテーブルだったので、聞くともナシに聞こえてくる、大道氏の本音!!! (^^)
by trial05 | 2006-12-06 13:46