関西ウォーカー自遊人 Trial

笑顔の余生

デジタル化が猛進する中、変わらぬ人がいる…

課せられた労役を終え、のんびりと余生を送っているのではないか、とも思えるのだ。

生まれた時から、子供同然のように可愛がってくれた、近所のオバチャン!
視力は光が見える程度。

帰省中、お見舞いに行った私の呼びかけに、「あらぁ~! ○○チャン!いつ来たの?」
と満面の笑みを浮かべていた。  (ご長男さまに許可を得ています)

★モデル系ポートレートではナク、スナップ・ストリート・人生の重み溢れるポートレートを
撮って見たいなぁ~~。と、思う今日この頃です~♪
by trial05 | 2006-01-26 22:57 | Sendai・Miyagi | Trackback
トラックバックURL : https://trial05.exblog.jp/tb/3435994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]