関西ウォーカー自遊人 Trial

タグ:京都 ( 355 ) タグの人気記事

⑤祇園祭 14日宵山

14日~16日宵山が始まりました。 18:00pm、四条通と烏丸通りが歩行者天国になり、
提灯に灯かりがともされ、コンチキチン、コンチキチンのお囃子と共に、地元の方達で賑わっておりました。16日の宵山は、たぶん身動き取れないほどの人出になるかとも…。
c0059485_14392530.jpg
人の多い夜間撮影は始めての経験でした。
地元カメラマンは、脚立を持ち込んでいる~~!私はレンズの選定ミスだったのかも・・・
c0059485_14413830.jpg
男と女、それぞれに担っているお祭りがあります。
「お囃子の音を聞くと体が反応する。よけいなことを考えている余裕もなしに、次々とせんならんことが湧いてくる」 これが一ヶ月続くそうです。(某家のおかみさん曰く)
c0059485_14451940.jpg

祭り、夜間外出はほとんどしないtrial、日が落ちても暑い京都の夜!疲れが限界に・・・
(画像整理も みなさんへのレスも怠っている状態です。スミマセヌ m(_ _"m)  )
人気blogランキングへ
[PR]
by trial05 | 2005-07-15 14:58 | kyoto | Trackback

④祇園祭  コンチキチン

お囃子の音が響き、山鉾が建ち始めた。
毎年繰り返される行事を、無事に迎え終わることが重要だと 山鉾町の人々はいう。

やはり、祇園祭は雅。 ♪コンチキチン、♪コンチキチン。
「エンヤラサー」「ソーレ」のかけ声とともに ゆっくりと山鉾が動き出した・・・。
c0059485_0154320.jpg
試し曳き回しのお囃子を終え、ほっとした表情の子供達でした。
本番まで毎晩続きます。ガンバッてね! 7月14日~16日・宵山。
c0059485_0174366.jpg
人気blogランキングへ
[PR]
by trial05 | 2005-07-14 00:24 | kyoto | Trackback(1)

③祇園祭  鉾曳初め 

12日、長刀鉾、函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾が、祇園囃子をはやしながら
各町内の人々によって町内付近を 試し曳きされました。

大渋滞で車が前に進まないと思いきや!マイカーから通行ストップ!
なんと、真正面に「菊水鉾」が、向かってくるではありませんか~!
交通整理の警察官の許可を得て、デジ一眼だけ持ち、外へ飛び出すtrial~!(ラッキー)
c0059485_01367.jpg
祭りの主役はひとりではない。
それぞれの立場で祭りをしっかりと支える人たちの熱意と力である。
c0059485_0111655.jpg
最近では、鉾町の人口空洞化によって運営側の人出が不足し、近代化による事情にもよって
祭りの継承が難しくなっていると。 (この外人さんへ、「Hi!」 合図を送ったら、ニッコリと)
c0059485_015591.jpg
EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
人気blogランキングへ
[PR]
by trial05 | 2005-07-13 00:26 | kyoto | Trackback

祇園祭・ 鉾建 山建 (その2)

鉾 : 「重さ」約12トン   「高さ」地上から鉾頭迄約25m 地上から屋根迄 8m
    「車輪」直径約1.9m前後

山 : 各山とも構造、重量に大差なく、その飾り金具、人形の大きさにより
    多少重量が異なる程度で、「重量」約1.2トン~1.6トン

EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
c0059485_23572442.jpg

c0059485_2359784.jpg
雨に濡れないようシートを被せ、終了~。 お疲れさまでした! (10日、月鉾)
c0059485_01494.jpg

追加記事
祇園祭の歴史は京都の歴史。1,000年の伝統を誇り、京都の歴史とともに歩んできたといえよう。
八坂神社の祭りで、毎年7月1日の吉符入から、31日夏越祭まで1ヵ月にわたって行われる。
一般には、17日山鉾巡行がひろく知られるが、 巡行を中心に、その前後、実に多彩な行事が催される。
現在では単に神社や 氏子だけのものでなく、京都市民全体の祭りとして繰りひろげられてます。
人気blogランキングへ
[PR]
by trial05 | 2005-07-12 00:07 | kyoto | Trackback

祇園祭・ 鉾建 山建 (その1)

日本の三大祭のひとつにあげられている京都「祇園祭」、
その歴史の長いこと、祭事が1ヵ月にわたる大規模なものであることでひろく知られている。
祭りのハイライトは17日に行われる32基の山鉾巡行で、これらの山鉾は、
32基中29基が、重要有形民俗文化財に指定されている。
いずれも美しいタペストリー、綴織、西陣織などの美術品で飾られた豪華なものである。

今日10日、長刀鉾、函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾の、各山鉾町ごとに
鉾や山の組み立て作業が行われました。
釘を使わず美しい縄掛けで柱などを固定していきます。
他の比較的小型の山鉾は13日、14日より着手と。

EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
c0059485_063936.jpg
京都きってのメインストリート・四條通りの交通渋滞激しい一角で作業が行われ、
長老格から若手へ引き継がれる一連の作業は見事なものでした。
c0059485_084226.jpg
鉾を保存している「蔵」 (↓これは許可を得て撮影しております。 その後、女性カメラマンが断わりも無く入り込んでいたら、怒鳴られておりました。 礼儀はわきまえましょうね!)
c0059485_0114463.jpg

人気blogランキングへ
[PR]
by trial05 | 2005-07-11 00:18 | kyoto | Trackback