関西ウォーカー自遊人 Trial

タグ:京都 ( 363 ) タグの人気記事

おこしやすぅ~ 京都

物語はこの町 「上七軒 かみしちけん」から始まりました。

京都で最も歴史の深い花柳界。 
ときどき 三味線や歌のお稽古の 音色が聞こえるこの町では
長い時を経て洗練されてきた伝統美が、静かにしっかりと息づいています。
c0059485_038146.jpg
古都の風情を今に伝える「京町屋」

江戸時代に建てられたこの家は
「お茶屋さん」として生を受け、
現在は 「弓月 yu zu ki」さまとして受け継がれております。

More
[PR]
by trial05 | 2006-02-19 18:20 | kyoto | Trackback

あかり

花街の宵。 

ぼんぼりに灯りが点るころ、お茶屋の灯りに石畳がうっすらと照り返す、
何とも言えない京都の花町の風情です。

in神戸
[PR]
by trial05 | 2006-02-17 10:45 | kyoto | Trackback

夜の祇園メインストリート

京都きっての歓楽街・花見小路。
四条通りを堺にして、北側と南側では町並みの雰囲気が大きく異なります。

北側はスナックやクラブなどが入居するテナントビルが建ち並び、
南側は竹矢来に格子作りの茶屋や料理屋が建ち並びます。
格子戸からもれる灯りと、提灯だけの薄暗さ・・・撮影には辛い暗さでしたぁ~!
 (50mmF1.8 手持ち撮影)

暗さに挑戦・2枚あります
[PR]
by trial05 | 2006-02-11 11:23 | kyoto | Trackback

湯立神楽・京都城南宮

帰阪後、待ちかねたように (^^) 初京都ドライブへ♪

湯立神楽(ゆたてかぐら)  1月20日 午後2時 城南宮にて。
神楽鈴や扇を手にして4人の巫女が「祓神楽」を舞い、襷がけの巫女が「文政六年癸未二月」(1823年)の銘を持つ直径70㌢近い大釜の前に進み無病息災、願望成就を祈ります。

邪気を祓う巫女さん!
[PR]
by trial05 | 2006-01-23 01:58 | kyoto | Trackback

京都祇園 花見小路スナップ

古都の典雅な伝統が今も息づく街、祇園。
歴史をたたえた町並みの中、日本髪を結い、
だらりの帯をしめ、おこぼをはき、舞妓たちが歩く。

京都祇園 花見小路スナップ( 20pics) メインHPへ高画質スライドショーでUp。

(PC故障、買い替え、に手間取り 久々の更新です)

c0059485_17152720.jpgc0059485_1715393.jpg

[PR]
by trial05 | 2005-08-05 17:21 | Trackback

京の町角

富士フォトサロン京都で開催されている、かとさんの写真展を拝見してきました。
Blog で知り合った撮影大先輩の方ですが、ハンドル名しか知らず・・・
しかし、作品をズバリ当てましたー!(ひと際、インパクトがあるモノクローム作品でした)

京都市中、タクシー並に走り回るtrialですが、見慣れた町角もデジイチを持つと…
新鮮に見えてしまう~~  (もっと、落ち着いて撮らねばイケマセンねっ!反省です)
c0059485_13563179.jpg

午後6時、帰阪を急ぎ裏道を爆走(^^)すると、おぉぉーーーっと・・・ 路肩に駐車しパチリッ!
c0059485_1402598.jpg
EOS KissDN EF-S18-55mmUSM  手持ち
[PR]
by trial05 | 2005-07-30 14:07 | kyoto | Trackback

室礼でおもてなし

室礼(しつらい)とは、季節や人生の節目にあわせた書・花・物などを、床の間や玄関、壁、
棚の上などの場所に飾り心豊かに楽しむものと。 京都の某旧家にて

c0059485_2057388.jpg

祇園祭の時に咲くという 「祗園花」。 
撮影の爲に生けていただいたのですが、マクロ撮りは失敗しました~ (__)
c0059485_20483136.jpg
人気blogランキングへ
[PR]
by trial05 | 2005-07-19 20:58 | kyoto | Trackback

⑥祇園祭 そぞろ歩き

山鉾巡行を動く美術館と表現する人がいます。
山鉾町一帯は工芸品・美術品をたくさん集積するするアート空間ともいえます。
c0059485_23344525.jpg

町衆が誇る宝の見せ場。宵山の期間には町内の旧家などで家々に伝わる財宝が展示される。
ただし、美術館などと違い、よその家にお邪魔するという気持ちを忘れずに、
マナーを守ることが求められています
c0059485_2336821.jpg

「占出山」の胴がけ。日本三景の一つ「松島」と。
c0059485_23363822.jpg
人気blogランキングへ
[PR]
by trial05 | 2005-07-16 23:49 | kyoto | Trackback

⑤祇園祭 14日宵山

14日~16日宵山が始まりました。 18:00pm、四条通と烏丸通りが歩行者天国になり、
提灯に灯かりがともされ、コンチキチン、コンチキチンのお囃子と共に、地元の方達で賑わっておりました。16日の宵山は、たぶん身動き取れないほどの人出になるかとも…。
c0059485_14392530.jpg
人の多い夜間撮影は始めての経験でした。
地元カメラマンは、脚立を持ち込んでいる~~!私はレンズの選定ミスだったのかも・・・
c0059485_14413830.jpg
男と女、それぞれに担っているお祭りがあります。
「お囃子の音を聞くと体が反応する。よけいなことを考えている余裕もなしに、次々とせんならんことが湧いてくる」 これが一ヶ月続くそうです。(某家のおかみさん曰く)
c0059485_14451940.jpg

祭り、夜間外出はほとんどしないtrial、日が落ちても暑い京都の夜!疲れが限界に・・・
(画像整理も みなさんへのレスも怠っている状態です。スミマセヌ m(_ _"m)  )
人気blogランキングへ
[PR]
by trial05 | 2005-07-15 14:58 | kyoto | Trackback

④祇園祭  コンチキチン

お囃子の音が響き、山鉾が建ち始めた。
毎年繰り返される行事を、無事に迎え終わることが重要だと 山鉾町の人々はいう。

やはり、祇園祭は雅。 ♪コンチキチン、♪コンチキチン。
「エンヤラサー」「ソーレ」のかけ声とともに ゆっくりと山鉾が動き出した・・・。
c0059485_0154320.jpg
試し曳き回しのお囃子を終え、ほっとした表情の子供達でした。
本番まで毎晩続きます。ガンバッてね! 7月14日~16日・宵山。
c0059485_0174366.jpg
人気blogランキングへ
[PR]
by trial05 | 2005-07-14 00:24 | kyoto | Trackback(1)