関西ウォーカー自遊人 Trial

<   2005年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

④祇園祭  コンチキチン

お囃子の音が響き、山鉾が建ち始めた。
毎年繰り返される行事を、無事に迎え終わることが重要だと 山鉾町の人々はいう。

やはり、祇園祭は雅。 ♪コンチキチン、♪コンチキチン。
「エンヤラサー」「ソーレ」のかけ声とともに ゆっくりと山鉾が動き出した・・・。
c0059485_0154320.jpg
試し曳き回しのお囃子を終え、ほっとした表情の子供達でした。
本番まで毎晩続きます。ガンバッてね! 7月14日~16日・宵山。
c0059485_0174366.jpg
人気blogランキングへ
by trial05 | 2005-07-14 00:24 | kyoto | Trackback(1)

③祇園祭  鉾曳初め 

12日、長刀鉾、函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾が、祇園囃子をはやしながら
各町内の人々によって町内付近を 試し曳きされました。

大渋滞で車が前に進まないと思いきや!マイカーから通行ストップ!
なんと、真正面に「菊水鉾」が、向かってくるではありませんか~!
交通整理の警察官の許可を得て、デジ一眼だけ持ち、外へ飛び出すtrial~!(ラッキー)
c0059485_01367.jpg
祭りの主役はひとりではない。
それぞれの立場で祭りをしっかりと支える人たちの熱意と力である。
c0059485_0111655.jpg
最近では、鉾町の人口空洞化によって運営側の人出が不足し、近代化による事情にもよって
祭りの継承が難しくなっていると。 (この外人さんへ、「Hi!」 合図を送ったら、ニッコリと)
c0059485_015591.jpg
EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
人気blogランキングへ
by trial05 | 2005-07-13 00:26 | kyoto | Trackback

祇園祭・ 鉾建 山建 (その2)

鉾 : 「重さ」約12トン   「高さ」地上から鉾頭迄約25m 地上から屋根迄 8m
    「車輪」直径約1.9m前後

山 : 各山とも構造、重量に大差なく、その飾り金具、人形の大きさにより
    多少重量が異なる程度で、「重量」約1.2トン~1.6トン

EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
c0059485_23572442.jpg

c0059485_2359784.jpg
雨に濡れないようシートを被せ、終了~。 お疲れさまでした! (10日、月鉾)
c0059485_01494.jpg

追加記事
祇園祭の歴史は京都の歴史。1,000年の伝統を誇り、京都の歴史とともに歩んできたといえよう。
八坂神社の祭りで、毎年7月1日の吉符入から、31日夏越祭まで1ヵ月にわたって行われる。
一般には、17日山鉾巡行がひろく知られるが、 巡行を中心に、その前後、実に多彩な行事が催される。
現在では単に神社や 氏子だけのものでなく、京都市民全体の祭りとして繰りひろげられてます。
人気blogランキングへ
by trial05 | 2005-07-12 00:07 | kyoto | Trackback

祇園祭・ 鉾建 山建 (その1)

日本の三大祭のひとつにあげられている京都「祇園祭」、
その歴史の長いこと、祭事が1ヵ月にわたる大規模なものであることでひろく知られている。
祭りのハイライトは17日に行われる32基の山鉾巡行で、これらの山鉾は、
32基中29基が、重要有形民俗文化財に指定されている。
いずれも美しいタペストリー、綴織、西陣織などの美術品で飾られた豪華なものである。

今日10日、長刀鉾、函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾の、各山鉾町ごとに
鉾や山の組み立て作業が行われました。
釘を使わず美しい縄掛けで柱などを固定していきます。
他の比較的小型の山鉾は13日、14日より着手と。

EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
c0059485_063936.jpg
京都きってのメインストリート・四條通りの交通渋滞激しい一角で作業が行われ、
長老格から若手へ引き継がれる一連の作業は見事なものでした。
c0059485_084226.jpg
鉾を保存している「蔵」 (↓これは許可を得て撮影しております。 その後、女性カメラマンが断わりも無く入り込んでいたら、怒鳴られておりました。 礼儀はわきまえましょうね!)
c0059485_0114463.jpg

人気blogランキングへ
by trial05 | 2005-07-11 00:18 | kyoto | Trackback

Coffee Break

「あなたの街にもスタバ」 世界を席巻したCoffee shop!
ナゼか、今日もスタバへ。(^^)

EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
c0059485_0304727.jpg

親戚のT大生が、04年アメリカ横断の旅にでました。今年はヨーロッパとか・・・(このぉ~!!)
彼の写真と、コメントをそのままUpです。
c0059485_0325573.jpg
スターバックスコーヒーの1号店がある。中に入ると"The Birthplace of Starbucks Coffee"の碑がある。
中は至って普通のスタバだが、看板は"Starbucks Coffee Tea Spices"となっている。
時間にもよるようだけど、前では誰かしらがアコーディオンやらバイオリンやらを奏でている。
よーく考えると昨日かすめたあたりがすぐ近くだったけど、スタバ一号店がここだとは気づかなかった。
記念にPike Place Blendというオリジナルの豆を購入。
1/2ozで$8.90だからスタバの豆にしては高いけど、帰国してから実家で入れてみたら実に美味。(アメリカのスタバは1ozの豆が$10くらいで買える。)

それにしても、なんとも小さなお店からスタートしたものだ。
これが世界を席巻しているスタバ発祥の地なんだから。

シアトル市内は「犬も歩けばスタバに当たる」くらいスタバがあって、スタバから隣のスタバが見える、なんてことも、特にWestlake Centerあたりではみかける光景。
(彼のHPは紹介できません)

人気blogランキングへ
by trial05 | 2005-07-09 00:37 | Osaka | Trackback

ジェイアール 京都駅ビル

今日7日、京都市上空に稲妻が走ったと思いきや、真っ暗な豪雨に!
こんな時は、広~ぃビル街に入りこむのがベターかとも・・・。
鉄とガラスの建物が、東西に大きく横たわっている、ジェイアール京都駅ビル。
上空では物凄い音の雷が・・・
カラーで撮影したのですが、モノクロームのように撮れました~。(晴天なら青空が写るはず)

EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
c0059485_22374210.jpg
京都のプラットホームの長さは日本一というのは、よく聞きますが。ほんまですか?
(パーキングから撮影)
c0059485_22384679.jpg
人気blogランキングへ
by trial05 | 2005-07-07 22:43 | kyoto | Trackback

筆不精さん、45件のコメントありがとぉ~

筆不精さん、こんばんは。
過去の記事、45件分にわたり、詳細なご批評を戴きましてありがとうございました。
納得したり、思わず笑ったり、おもろいコメントに、一件一件拝見致しました。
筆不精から“筆まめ”さんに変更されても 宜しいかとも・・・(^^)/
ご丁重なコメントを 感謝申し上げます。 m(_ _"m)
by trial05 | 2005-07-07 21:55 | Trackback

ママチャリ

自転車の前後に子どもを乗せる「ママチャリ」の事故が増え続けている。
保育園・幼稚園の送迎、買い物に出かける際にはとても便利でしょうが、
転倒や衝突など事故がついて回る。
しかし、詳しい調査や分析はこれまでほとんどなかったという。
そんななか、安全性に関心を持つ母親たちがアンケートを通じて事故事例などを集め、
問題点を考えようと動き始めた。
ママチャリ連に どれぼど車を傷つけられたか… わぁ~ん(泣)

EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
c0059485_11413193.jpg
人気blogランキングへ
by trial05 | 2005-07-06 11:46 | Osaka | Trackback

本格的な梅雨?

あれほど雨を待ち焦がれたのに… 毎日続くと・・・(__) です。
4日、月曜、雨、恒例の大渋滞! 
信号待ちが退屈・・・っで、運転しながら不謹慎なマクロ撮りを・・・前車のテールランプが…怖。

EOS KissDN+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO (↓フロントガラスです)
c0059485_0453974.jpg

遅いランチの待ち合わせ。食前酒に少~しのワイン、飲んじゃったー
c0059485_048585.jpg
人気blogランキングへ
by trial05 | 2005-07-05 00:54 | Osaka | Trackback

都市空間

c0059485_1053363.jpg地下空間と地上空間の、
人の様々な速度について
考えられないでしょうか・・・。
大阪人の歩く速度は世界一と言われておりますが、なぜか地下空間は地上の速度を忘れさせる。














人気blogランキングへ
by trial05 | 2005-07-04 10:58 | Osaka | Trackback