関西ウォーカー自遊人 Trial

赤い泊火

「琵琶湖周航の歌」 発祥の地。 


琵琶湖の美しい自然と、周航のロマンを情緒豊かに歌い上げたこの歌は、
大正6年に高島市今津町で生まれました。

時代を越えて歌い継がれるこの名曲は、大正6年 第三高等学校(現京都大学)ボート部の学生が
作ったといわれ、ボート部の学生・小口太郎氏が琵琶湖周航中に立ち寄った“今津”で発表したといわれてるのが ココです!!

c0059485_18153358.jpg


夕暮れ時、初対面の女子高生が 「この田舎が大好きなんです。都会は疲れるだけ」(~o~)
と、「琵琶湖周航の歌」 発祥の地であること、「赤い泊火」のことを 詳しく説明してくれ、
二人で、「琵琶湖周航の歌」を3番まで歌ってくれた!(*^^)
暗くなるのも忘れて、2時間も彼女たちと話し込んでしまったッ♪  多謝 (_"_)

c0059485_18395389.jpg

RICOH GX100


        浪のまにまに 漂えば
           赤い泊火 なつかしみ
                  行方定めぬ 浪枕
                          今日は今津か 長浜か



by trial05 | 2008-07-29 18:52 | Trackback
トラックバックURL : http://trial05.exblog.jp/tb/9324783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]